動脈硬化原因

動脈硬化を引き起こす原因として考えられるもの

動脈硬化は早ければ40代ごろから増えてくる生活習慣病の一つです。動脈硬化になると心臓や脳など大切な内臓器官などに血液をしっかりと送り届けることができなくなり、そのままで放置していると最終的には動脈内に血栓ができて詰まってしまい心筋梗塞や脳梗塞などの重大な疾病を引き起こす大変恐ろしい状態です。

 

ぼろぼろになって、大動脈解離という動脈が裂ける病気も引き起こします。

 

原因としては日頃からの食生活や運動習慣などの生活習慣の乱れが一番に挙げられます。

 

例えば

 

揚げ物や脂肪分の多い肉類

 

などを多く取り野菜や魚などをあまりとらないといったバランスの悪い食生活を送っていると中性脂肪値や悪玉コレステロールが高くなり動脈内の血液がコレステロールでドロドロになってしまいます。

 

そういった状態で動脈内膜が傷つくと、粥腫と呼ばれるお米をつぶしたようなドロドロしたものが出来るようになり、最後は狭窄を起こします。アテローム硬化ともよばれています。

 

そのほか、日頃からの運動不足やストレスなども動脈硬化を引きおこす原因となり得るのです。

 

こうした様々な生活習慣の乱れのひとつひとつが複合的に起こると、動脈硬化はどんどん進行していきます。ですから日頃から意識して野菜や魚中心の正しい食生活を送り、毎日少しずつでも良いのでウォーキングなどの運動を行っていくことによって、考えられる原因を取り除いて動脈硬化を予防することが可能になってくるのです。

 

動脈硬化原因,動脈硬化サプリ